染色キットRで綿ニットを染めました

前回は、ナフトール染料についてお話しましたが、
以前予告していた、綿ニットの染色について今日は紹介です。
染色前
寒くなり、ウール素材のニットが暖かいのですが、
綿素材の好きなソメヨは、綿ニットの染色にチャレンジします
ニット素材の染色を行うのは初めてなんですよ
今回は、染色キットR Mix チャコールを使います。

今回も精錬をしていますが、精錬風景は省略です

染色開始
①助剤、染料を入れます。
よ~く溶かしておかないとムラになってしまいますよ。
助剤投入
染料投入
②ぐつぐつ
反応染料なので60度で40分間待ちます。
時々ニットをひっくり返したりして、染めムラを防ぎます。
染色中
③水洗い、ソーピング
鍋から取り出して水洗い→ソーピングを行います。
ソーピングは、染料に残っている余分な染料を落とす作業です。
鍋に水とソーピング剤というものを入れてぐつぐつします。
水洗い後
④完成
ベージュだったニットがグレーになりましたよ
完成

おまけ
ファスナーは、ポリエステルだったようで染まりませんでした。
映りが悪くてすみません
また、ファスナーをニットに縫い付けている糸も同様でした。
ちょっと目立ちますが、まあいいかな
染まらなかったファスナー

次回は、ソメットさんのスパルタ指導のもと”革”を染めてみようと思います。
革は素材によって、うまく染まらなかったり・・・と難しいそうです。
ちょっと不安です




関連記事