【 2016.1.22 「染料屋さんのものづくり」からのお知らせです 】
・ブログ移転に伴い、URLが変更となります。新しいブログURLはこちら↓

http://www.colormarket.jp/blog/

今後の更新は新ブログで行います。これからも更新を続けてまいりますので新アドレスでのお気入り登録もよろしくお願いいたします☆

※10秒後に新しいブログへと画面が切り替わります。自動で転送されない場合は、http://www.colormarket.jp/blog/ をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理者にだけ表示を許可する

色のりで柄を描きたい

先日、お客様から
「反応染料を使って、綿や麻の布に柄を描けないか・・・」という
お問合せをいただきました。
タイダイ染めで柄をつくるような感覚で、染めでお絵描きをしたいというお話でした。

同じようなことができる単体の商品としては「かけるくんソフト」という商品もあるのですが

今回は、タイダイ染めセットにも使っている以下の商品に
・【染料セット】 そめるん 反応染料スティック 7色パック
・【染色助剤】 ソーダ灰 (炭酸ナトリウム)
・【染色助剤】 そめるん ソーピング液 N-3

のりと重曹をプラス+して
・【反応染料用捺染糊】 ユニストン FRC-100
・【染色助剤】 重曹(炭酸水素ナトリウム)
(重曹は、お掃除用のものでもOKです)

やってみようと思います


<1.色のりをつくる>

1)まずは染料液を作ります。
今回は50倍液(染料1gを水49gで溶いたもの)を使いました。

2)染料液・・・2g(常温) に
110805_01.jpg

重曹(炭酸水素ナトリウム) ・・・1g
110805_02.jpg

を入れてよーくかき混ぜておきます。
110805_03.jpg
この時、重曹は完全に溶けきりませんが
染料液とよくよく混ぜてなじませておいてください。



3)2)の中に【反応染料用捺染糊】 ユニストン FRC-100・・・10g(大さじ1程度)
110805_04.jpg
を入れて

110805_05.jpg
さらによーくよーくかき混ぜます。

この位よく混ぜたら
110805_06.jpg

色のりの完成です。


<2.色のりを塗る>

色のりを布に塗布します。
今回は、手ぬぐいの生地に筆で直接描いてみました。

※使用する生地はあまり織り目が詰まっていないものがオススメです。
 また、洗濯のりなどがかかっていると染まりが悪くなるので
 一度洗っておく方が安心です。

110805_08.jpg

表面に薄く塗ってあるだけでは上手く染まりませんので
生地の裏まである程度浸みこむくらい十分に塗ります。
110805_09.jpg

塗る量は1度塗ったところにも
再び色のりを塗布(2度塗り)するくらいたっぷりめが良いです。
110805_10.jpg

別の色を塗るために一度ドライヤーで乾かします。
110805dry.jpg

別の色を隣り合わせで塗る場合は
1色目をドライヤーなどでよく乾かしてから、2色目を塗ると色が混ざりません。
110805_11.jpg
のりの表面がある程度固くなったらOKです。


次にお好みで他の色を塗布します。
<1.>と同じ要領で他の色のりも作っておきました。
110805_12.jpg

色のり同士を混ぜて、色を作ります。
110805_13.jpg

1色目の色のりをよく乾かしておけば
2色目が1色目の上に塗り重なっても色が混ざることはありませんので
110805_14.jpg

大胆にはみ出てしまっても、色が混ざることはありません。
110805_15.jpg

背景に色をつけたい場合も、
最後に色のりで背景を塗っておけば色をつけることができます。
110805_16.jpg

塗り終わりを裏から見たらこんな感じ
110805_17.jpg
裏まで結構染み込んでいます。



<3.乾燥・スチームで熱処理>

塗り終わったら、ドライヤーなどでよく乾かします。
110805dry.jpg


そのあと、鍋などで蒸す当て布をしてスチームアイロンをかけます。
※一番濃く染まるのは<鍋で蒸す>方法です。

ここで「水蒸気」と「熱」がのりにかかることで、色が染まってゆきますので
じっくりスチームと熱をかけてくださいね。

ちなみに、蒸す際の注意点は
鍋のふたから水滴が落ちないように、ふたと鍋の間に布を挟んでおきます。

アイロンスチームでの注意点は
普通にアイロンをかけると、のりが当て布にくっついてしまう恐れがあるので
ほんの少しだけ浮かして様子をみながら
(アイロンが触れるか触れないかぎりぎりのところ)
スチームをじっくり・たっぷりかけてください

110805_19.jpg
表が十分にできたら、裏からも熱をかけるのがおすすめです。

スチームアイロンでの熱処理が終わりました!
110805_20.jpg



<4.水洗・ソーピング>

まずはソーピング(余分な染料を洗い流す)液を準備します。
だいたい染めたものの重さの20倍くらい(モノが200gなら4リットル)の湯を沸かします。

その中に【染色助剤】 そめるん ソーピング液 N-3
1リットルあたり3cc程度入れて混ぜておきます。

次に熱処理が終わった布を、水道の流水でのりの表面を流します。
110805_21.jpg

のりの表面が白くなってきたら、そのままソーピング液に入れます。
110805_22.jpg

かき混ぜながら、10分ほどソーピング処理をしたら取り出して
110805_23.jpg

最後に水洗い・脱水・乾燥をして完成です
110805_25.jpg


よくみると少しだけ茶色い部分がありますね
どうやら、アイロン中に焦げてしまったようです・・・
アイロンをかける際にうっかり新聞紙の上でかけていたようで、
それが原因と思われます
110805_24.jpg

他にも型紙を使って柄を作る方法などもありますので
また次回ご紹介します!


そめこ
関連記事

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。