FC2ブログ
Template by blog.momo96ch
-->
このブログは染めや手作りが大好きな方に、 染めのレシピや商品のことなどを中心にご紹介しています。
管理者ページ
【 2016.1.22 「染料屋さんのものづくり」からのお知らせです 】
・ブログ移転に伴い、URLが変更となります。新しいブログURLはこちら↓

http://www.colormarket.jp/blog/

今後の更新は新ブログで行います。これからも更新を続けてまいりますので新アドレスでのお気入り登録もよろしくお願いいたします☆

※10秒後に新しいブログへと画面が切り替わります。自動で転送されない場合は、http://www.colormarket.jp/blog/ をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理者にだけ表示を許可する

綿麻用・染色キットPro「ラムネ色」で白シャツを染めてリメイク

弊社には「綿・麻用 そめそめ染色キットPro」というオリジナル商品があります。

こちらのシリーズは 
 ★200色以上から色が選べる
 ★鮮やかな発色が可能で、染めあがりがキレイ
 ★染色液の温度が60℃で染められる
 ★色落ちしにくい

・・・と、ちょっとこだわって染めたい方には、特におすすめの商品です。

しかもこの商品、毎月毎月、色数が増えておりまして
その季節に合った色を数色ずつ新商品としてご紹介しています。

今年の夏は、7・8月合同企画として
<シャーベットカラー>を特集。 詳細は→今月の新色のページ
あつーい夏にぴったりの、涼しげな淡い色たちをご紹介しております。

今回はシャーベットカラーの中から
綿・麻用 そめそめ染色キットPro ラムネ(S-0235) ↓を使って
32819634.jpg

紳士用の白シャツを染めてリメイクしてみましたのでご紹介します!
※シャーベットカラー特集に掲載のある染料は、非常に淡く染まります。
 そのため、染めるものの元の色は白などの生地がおすすめです。


▼今回染めるものがこちら
110803_before01.jpg
紳士ものの白いシャツです。
袖を折り返すと、↓花柄の生地↓がついています。
110803_before02.jpg

・全体の重さは「約150g」
・品質表示は「綿100%」でした

キットのSサイズには綿・麻200g分の生地が染まるだけの染料が入っていますが
今回の生地の重さは150gだったので
色あいをできるだけ再現するために比率を合わせて
染料を75%分だけ入れることに決定。
※少し濃いめでもOKという場合は、全量使っていただいても問題ありません

まずはキットに入っている染料全部を200ccのお湯に溶かしてから
75%分の150ccを使います。
110803_beaker.jpg


今回も、こちらのキットに入っている説明書の
「耐熱バケツで染める方法」に従って染めました。

耐熱バケツで染色する方法は、鍋で染めるよりも水温が保てないために
どうしても色がブレてしまったり、濃く染まらなかったりする可能性があるのですが
大きなお鍋が手に入らない場合は耐熱バケツでも染められます。

例えば200g程度のものを染めるなら
「熱湯4リットル」+「染めるもの」を入れて
余裕をもってかき混ぜられるくらいの耐熱バケツが理想です。

※バケツの耐熱温度は
バケツの底面に表示がある場合が多いので確認してみてくださいね。
私は某100円ショップで購入した(ただし100円ではありませんでしたが・・・)
ものを使用していますが、こちらも120℃までOKとのことでした。

染めたら、ソーピング処理(生地についた余分な染料を落とす処理)をして・・・


完成です
そめそめキットPro「[ラムネ」で染めた白シャツ

↑染色キットProのラムネ色で染めた白シャツ↑

ほんのりと淡いブルーに染まっています。
110803_after02.jpg

↑柄の部分も白い部分と同じように薄く染まっているので
ちょっと落ち着いた花柄になりました。

今回は、私の主人のシャツを染めてみたのですが
主人も「爽やかな色で良いね~!」と喜んで着ております。

ぜひ、みなさまも、ご自分のものやご家族の
お洋服を染めてリメイクしてみてくださいね

そめこ

他にも綿・麻用 そめそめ染色キットProで染めたモノたちのブログ記事
→綿麻用・染色キットPro「ベビーピンク」でカーディガンを染めてリメイク


関連記事

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。